2人の先生に出会えたことで、人生の第二幕が始まったと思います。

タップダンス 杉子先生

杉子先生はタップダンサーの仕事をしています。
生徒に教えるだけでなく、下北沢でショーを企画し開催しています。
さらに、料理研究家としての活動も初めて
「料理教室」「ワインの会」なども開催しています。
毎月数件のイベントを開催するようになりました。

その姿を見て、私自身「何のスキルでお金を稼げるのか?」
と改めて考えさせられました。

7年務めた会社で業務がマンネリ化していた中、始めたタップダンス。
ダンス以上のことを学びました。

  • 自分を商品とすること
  • 好きな事に真剣に取り組むこと
  • イベントを企画開催すること

これが当たり前にできている杉子先生の近くにいることで
私の中で、「できない」という考えがなくなりました。
選択肢が増えました。感謝しています。
ありがとうございます。

勝間和代 塾長

タップダンスは止め、勉強にシフトしました。
以前から勝間さんのことは好きで書籍を読んでいました。
「勝間塾」という大人の勉強塾をされているとのことで入会しました。

そこから、現在まで(2016年1月)
多くの出会いがありました。

  • 毎週、連絡取り合う同志ができました!
  • ポジティブにお互いを応援してくれるコミュニティ

この友・同志に出会えたことがとても大きいです。

コミュニティ内では、塾生が個々に「オフ会(イベント)」を企画し、
互いに切磋琢磨し、協力し合い学び合っています。
これが本当に楽しいです。

また、

  • 速読術(フォトリーディング・ホール・マインド・システム)に出会え、学びが加速しました!
  • リード・フォー・アクション読書会に出会い、目標に向かって行動を起こすワークショップの素晴らしさに出会いました!

現在、

ファシリテーターとしてイベントを開催するまでになりました。

これは、私が地元に根差すために欲しかったスキルでした。

2016年これからコミュニティを広げていきます!

娘が楽しくこの街で育っていくように(^O^)

 

Be the first to comment

コメントを残す