第14回全国おやじサミット@東京都小金井市 参加してきました。

小学生の子を持つ父の集まりの「おやじの会」。その会の親父達が全国から集まり「おやじの会の在り方」について考え合い、各活動の情報共有を行う、そして夜に飲むイベント


2017.1.8『第14回 全国おやじサミット』が開催されました。

初☆関東開催
第一回香川で生まれ、三重、京都、鳥取、広島、富山、大分、兵庫、熊本、北海道、宮城、福岡、愛媛と開催され、14回目で初の関東開催とのこと。 関東開催に至った大きな要因は、実行委員長の方が香川に転勤していて、たまたま おやじサミット発足にかかわって、その後東京に戻ったので東京開催を決めたようです。

娘と参加してきましたのでレポートします。

子供も楽しめる内容とのことで、娘と一緒に、会場の「小金井市第三小学校」へ電車で1時間いってきました。(私の目的は、自分とこのオヤジの会に使えるアイデアはないか?です)

体育館には、親父達が200人ほど集まっていました。

開会式は手短に、さっそく全員で遊びました!

全員でチャンバラ合戦!

・新聞紙で刀を作って
・お腹に「紙風船」と
・お尻に「スズランテープのしっぽ」つけて
(風船が潰されるか、しっぽが取られたら敗北)
・2チームに別れて
・戦いました。

最高に盛り上がりました! 私は、青チームの大将に立候補し戦略を考えて挑みましたが、真剣な親父達の勢いはすごく、突撃され突破されました^^; 結果は2勝2敗の引き分けでした。これはうちの小学校でもやってみよう^^ いいアイデアいただきましたありがとうございます。

合戦後は「お昼休み」

そして午後は、親父は学びです。

講演:子供のためにの落とし穴

として、過保護になり過ぎない子育てについて、「心が折れてしまったり、学校になじめない生徒8000人以上をサポート」してきた聖進学院の守矢学院長のお話を伺いました。

子育て手大事なことは
・まず、基本的な生活習慣を覚えさせること
・自分で前に踏み出す力、考え抜く力が付くようにすること
をおしゃっていました。

3センチの我慢
その子には危険な遊具等で遊んぶとき、親は子を支えてあげたくなるが、触れないで体から3センチ離したところで我慢する。遊具から落ちるときにすぐに、支えてあげることができる距離が大事。親は初めから手助けしない、怪我しそうなとき、または本人が望んでいる時に与えてやればよい!

非行は、ある意味 社会性を学べる!?
非行に走った場合でも、親は「勘当だ!」と拒絶し縁を切るのではなく、非行については叱るが、食事は用意し、受け入れてくれる家庭を用意してあげることが大事。家庭という逃げ場がなくなってしまうと、ずっと非行した先から戻ってこない。

を学びました。ありがとうございます。

そして、

5つに分かれての分科会(ワールドカフェ形式のワークショップ)

1.教えて!おやじの会の立ち上げや運営のコツ

2.地域とつながる「おやじの会の未来」

3.おやじの子離れと子供の自立 ~思春期に気をつけたいこと~

4.「おやじの会」の妻たち ~それでもパートナーを送り出すわけ~

5.発達障がい児と地域の大人の関わり方、役割

私は、4に参加しました。

妻は、「おやじの会」をどう思っているのか?

父視点でなく、妻視点で学んできました。

まずは、メリット・デメリットの確認

おやじの会の悪いところ
・自分だけ飲んで遊んでずるい!(妻一人の時間が減る)
・子育て、家事に参加する時間が少なくなる(わが子を大事にしてほしい)

おやじの会のメリット
・夫が生き生きしている!(家庭内での仕事の愚痴が減り、その話題に)
・地域とつながれる(隣人の顔がわかる、嬉しい、安心。)
・視野が広がる(他の家庭の子育てについて聞くことができて、自分の子育て方法を見直したり、自分の子を客観的にみるよい機会になる。)
・仕事以外の付き合いができる(住む地域に友達ができるので、老後も楽しいと思う)

ということがわかりました。

おやじの会に入会してくれない問題

幸いにもうちのおやじの会は、今年13名入会し会員が倍増し困ってはいませんが、ほぼすべてのおやじの会で困っているようです。
上記のデメリットから考えると、子供を連れて参加するイベントを行うことがよいと思いました。
・オヤジが集まって「飲む会」と
・オヤジが子供を連れて「イベントする会」を
明確に分けて行うのがいいのでしょうね。休みの日は飲みたいですしね^^

みなさん、いろんなお話、アイデアをありがとうございます。

一方、娘は

校庭で、おもしろルールの鬼ごっこをやったり

大道芸人さんのショウをみたり

皿回しをやったり、

読み聞かせ聞いたりしていました。

お手伝いのみなさんありがとうございます。大妻女子大のお姉さん方がいて、娘は喜んでいました。とても助かりました。ありがとうございます。

それと他に、

もちつきしたり、もち食べたり、

手を汚さず、ペットボトルの中で、ピザ生地作ったり

それを、おやじお手製の「ロケットストーブの窯」で焼いたり

食べ物も出していただきありがとうございます。

そして、

閉会式が行われました。

終了後、私は娘を妻にお願いして、中野に移動しました。

そでは、

みんなが、お待ちかねの

8時だよ!全員酒豪!!

と銘打った大宴会が行われました。

しっかりした値段で、しっかりした料理が出る、中野サンプラザの1部屋を借りて。

200名ほどのオヤジの中で、

30代は、私ともう1人のみ!

に驚きましたが、たくさんの「おやじの会」運営について、うまくいったイベントについて、悩みについて、語り語られおこないました。(香川で全国おやじサミットを発足した方とも、また大学で教育について学んでいらっしゃる方とも)

私の課題は、

先輩おやじのやり方を学び受け継ぎ、新しいおやじで新しい時代に会った「おやじの会」を作っていこう!

と改めて思いました。

とても有意義な1日でした。多くの学び、気づきがありました。ありがとうございます。


プログラム

講演者・主催者等

各校「おやじの会の活動」内容紹介(9校分)>

全国おやじサミット第14回
特設サイト:https://peraichi.com/landing_pages/view/oyaji14tokyo
Facebook:https://www.facebook.com/%E7%AC%AC14%E5%9B%9E%E5%85%A8%E5%9B%BD%E3%81%8A%E3%82%84%E3%81%98%E3%82%B5%E3%83%9F%E3%83%83%E3%83%88-in-Tokyo%E6%9D%B1%E4%BA%AC-948035418573299/

Be the first to comment

コメントを残す